むし歯の治療

むし歯の治療における当院の方針

わかりやすい説明

歯に関心を持ち、再発を防ぎましょう

当院では、むし歯の治療において、丁寧かつ十分な説明を心がけています。患者さんにご自身の口の状態や治療の内容を理解してもらうことで、少しでも歯に関心を持っていただきたいからです。歯への関心が高まることで、ブラッシングなどのセルフケアに力を入れたり、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けるようになったりする方もいらっしゃいます。そうすると、むし歯が再発する可能性もぐっと減ります。

口腔内写真などで状態の「見える化」を図っています

専門的な用語を使わず、わかりやすい言葉でお伝えするほか、「見える形」にして理解を促すことにも力を入れています。具体的には、口の中の様子を撮影(口腔内写真)したり、むし歯の有無や治療する必要の程度を数値で示す「ダイアグノデント」という機器を使用したりしています。「初めて自分の口をしっかりと見ました」などと驚かれたり、感動されたりする方もいらっしゃいます。

痛みの少ない治療

痛みへの不安や恐怖感を減らしたいと考えています

院長自身、皆さんと同じようにむし歯に悩んだことがあり、「痛みがあること」が治療を受ける上で大きな不安や緊張をもたらすのだと実感しています。そのため、当院ではできる限り治療時の痛みを減らしたいと考えています。

対話や麻酔時の工夫などで、痛みの軽減に努めています

緊張していると神経が過敏になって痛みを感じやすくなるため、診療時にはなるべく患者さんと対話を重ねて、リラックスしていただくことを心がけています。また、麻酔の針が刺さるときの痛みを減らすために、事前に歯ぐきの感覚を麻痺させる表面麻酔を行っています。麻酔液を温めたり、慎重にゆっくりと注入したりすることで、さらに痛みは軽減します。

歯を削らない治療

当院では、患者さんが長く自分の歯を使えるように、削らずに薬剤で殺菌する「ドッグベストセメント」も行っています。

むし歯の原因と放置するリスクについて

むし歯の原因

食べかすが残ってしまうことで発症します

むし歯は多くの場合、食べかすが歯と歯のすき間などに残ってしまうことが原因となります。歯と歯の間、奥歯の溝など、歯ブラシが届きにくい場所にむし歯ができるのは食べかすが残りやすいからです。

その一方で、丁寧にブラッシングをしていても、歯の質が生まれつき軟らかいためにむし歯になりやすい方もいらっしゃいます。そのような方には歯を丈夫にするフッ素塗布という方法も有効です。

歯間ブラシやフロスを使うことで歯垢除去率は大幅に上がります

むし歯を防ぐためには、ブラッシングなどのセルフケアを徹底することが大切です。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスを使うことで食べかすや歯垢の除去率は大幅に上がります。

むし歯を放置するリスク

進行すると神経を失ってしまう可能性が高まります

むし歯は初期段階で見つけて治療を行うことが大切です。初期であれば少し削るだけで済んでしまうところ、放置しておくことでどんどんむし歯が拡大し、神経に到達してしまうと神経を取らなくてはならなくなります。

神経を取ってしまうと…

歯に潤いがなくなり、もろくなってしまいます

歯の神経は、「歯の血管」とも言われており、歯に潤いを与えています。神経を取ってしまうと血液による水分がなくなってしまうため、枯れ木がポキリと折れやすいように、歯も折れやすくなってしまうのです。

歯を失うと…

歯並びや噛み合わせが悪くなり、全身にも影響します

歯を失ってしまった場合は、入れ歯やブリッジ、インプラントのいずれかを行っていただくのが一般的ですが、何もせずに放置しておくと、健康に大きく影響してしまいます。なぜなら、 歯のない部分の両隣の歯が傾いて歯並びが悪くなったり、噛み合わせが悪くなったりするからです。

噛み合わせが悪くなって特定の歯に過度に負担がかかると、その歯も悪くなってしまうほか、肩こりや消化不良が起きるなど全身に影響します。歯は、体の一部です。大切にしましょう。

予防型の歯科医院をめざして

むし歯の発症と治療を繰り返していくと、歯にダメージが蓄積し、歯を失ってしまう可能性が高くなってしまいます。最も大切なことは、むし歯を未然に防ぐことです。そのためにも、当院は対症療法を繰り返す歯科医院ではなく、予防型の歯科医院でありたいと考えています。

患者さん個々に合ったブラッシング方法をお伝えしています

口の状態や生活背景、セルフケアの状況を踏まえて、患者さん一人ひとりに合ったブラッシングの方法をお伝えしています。また、予防メニューの一つとして、歯の再石灰化を促し、むし歯を予防する効果が見込めるフッ素塗布を行っています。

セルフケアと歯科医院でのメンテナンスを併用しましょう

定期的にメンテナンスを受けていただくことも重要です。いくらセルフケア力を高めても、どうしても磨き残しは生まれてしまいますから、3ヵ月~半年に1度くらいのペースでご来院いただき、プロによるメンテナンスを受けるようにしましょう。歯垢はブラッシングで落とせても、歯垢が硬くなった歯石は歯科医院で専門的にケアしなければ落とすことはできません。

セルフケアとプロによる定期的なメンテナンスを合わせて、むし歯を予防していきましょう。